2007年08月23日

沈黙は金? 福田氏、谷垣氏の処遇が政局を左右

沈黙は金? 福田氏、谷垣氏の処遇が政局を左右

内閣改造まで、あと4日。

アッと驚くか。なーんだと嘆くか。

さあどっちかな?

谷垣さんは、流し目タラタラという感じだね。

福田さんは、乗らないだろうね。

産経新聞です。

27日の内閣改造・自民党役員人事を前に、森喜朗元首相が「挙党態勢のキーパーソン」として名指しした福田康夫元官房長官(71)と谷垣禎一前財務相(62)。安倍晋三首相が、政治理念や手法で溝の深い2人をどう処遇するかによって、今後の政局の流れは大きく変わるとみられる。

福田、谷垣両氏は何を考え、首相とどう距離を保とうとしているのか。


■福田氏…条件次第?

参院選大敗から2日後の7月31日。森氏は、事務所を訪ねた首相に「内閣改造のキーワードは『安心と安全』だ。福田さんと谷垣さんに入閣を求めるべきだ。断られても声をかける意味はある」と念を押した。

この話は一気に広がった。しかし、若手議員に意向を聞かれた福田氏は「そういうのを『ひいきの引き倒し』と言うんだ」と、表情ひとつ変えなかったという。

福田氏は昨年9月の総裁選で「安倍氏最大のライバル」といわれながら、7月に高齢を理由に不出馬を表明。安倍政権発足後は表舞台から姿を消したが、我を通さない調整型の政治手腕から今も首相待望論は根強い。急激な世代交代を嫌う派閥領袖級にも信頼が厚く、内閣が“未熟さ”を露呈するたびに「福田氏が首相だったら」との声は絶えない。

だが、首相とは「水と油」だ。小泉内閣で官房長官、官房副長官の関係だった福田、安倍両氏は、対北朝鮮政策などで激しく対立。首相は岸信介元首相の孫で安倍晋太郎元外相の二男、福田氏は福田赳夫元首相の長男で、ともに清和政策研究会(町村派)の正統であることも関係を複雑にする。津島派や古賀派などに「福田首相待望論」が根強いのは、福田氏のハト派的思考に加え、党内最大派閥を分断できるという思惑もあるようだ。

福田氏は表だった動きを避けながらも、最近は親しい知人に「官邸には『何でもできる』と勘違いした空気ができている」と政権批判をにおわせ、首相の続投にも「最悪の選択だな…」とつぶやいたという。

ただ「好きで政治家をしているのではない」が口癖の福田氏も、「この1年で国政への思いは強まっている」(周辺)といわれる。入閣要請があれば、条件次第では拒否しないとの見方が強い。

やすやすとみこしに乗れば、価値が下がる。福田氏は周囲につぶやいた。「こういう時は沈黙だ…」


■谷垣氏…冷静見極め

谷垣氏は今月4日に予定されていた谷垣派恒例の富士山登山を昨年に続き中止し、都内の自宅にこもった。

「いよいよ政局に向けて重い腰を上げたか」。周囲は期待したが、実際には自宅で自転車を整備するなど政治的な動きは一切なし。11日から1泊2日で秩父へサイクリングに出かけてしまった。

反安倍勢力の巣窟(そうくつ)である谷垣派は、参院選大敗で「政権が転がりこむチャンスだ」(幹部)とわき上がった。事務総長の中谷元元防衛庁長官が7日の代議士会で首相を前に退陣を迫ったのも計算ずくだった。谷垣氏への入閣要請のうわさに、谷垣派の多くは「泥舟の安倍政権と命運を共にすれば、総裁候補として未来永劫(えいごう)浮かばない」(中堅)と拒否すべきだとの意見が強い。

だが、動きはここでストップした。谷垣氏が8日夜、赤坂の料亭で開かれた会合で、「冷静に行方を見守るべきだ」とクギを刺したからだ。

「絆(きずな)」を座右の銘に掲げる谷垣氏には「自民党内で血で血を洗うような権力闘争をすべきではない」との思いが強い。一方で、谷垣氏はことあるごとに「続投ありきではなく、首相は参院選敗北の総括と今後の指針を示すべきだ」と公言し、首相を牽制(けんせい)し続ける。

その煮えきらない態度に周囲は焦りを募らせている。「今年も富士山でご来光を拝めなかった。もし谷垣氏が入閣を受けたら谷垣派は空中分解だ…」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070823-00000912-san-pol
posted by ケンピース at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月22日

中国製毛布を回収=皮膚炎や呼吸困難の恐れ−NZ

中国製毛布を回収=皮膚炎や呼吸困難の恐れ−NZ

昨日は、中国製の子供服に、基準の900倍のホルムアルデヒドが付いているというニュースがあったけど、今度は毛布なの?

もしかすると、中国は武器の替わりに、衣類を輸出しているのかな?


時事通信です。

ニュージーランドで販売されている中国製毛布に高濃度の化学物質ホルムアルデヒドが含まれていたことが判明したため、この毛布を輸入しているオーストラリア系の衣料品会社チャールズ・パーソンズは22日、製品の回収を始めた。

皮膚炎や呼吸困難を引き起こす恐れがあるという。
 
ホルムアルデヒドは、衣料などにシワや汚れが付きにくくするため、繊維に処理加工されることが多い。

低濃度では通常問題ないが、高濃度であると皮膚炎など健康に害を及ぼすことから、残留量を制限している国もある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070822-00000080-jij-int
posted by ケンピース at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月21日

台湾機炎上 整備員2人、迅速対応で惨事防ぐ

台湾機炎上 整備員2人、迅速対応で惨事防ぐ

イヤーお手柄です。
後は、事故の原因究明ですね。
同型機があるんだから。

それと、那覇空港だったから、アクション映画のシーンみたいに迫力があったね。


産経新聞です。

「燃料が漏れている」。最初に異変に気づいたのは、2人の地上整備員だった。

国土交通省が中華航空関係者などから聞き取った調査結果では、整備員らの迅速な対応がなければ、多数の犠牲者を出す大惨事になっていた可能性が高いという。

国交省によると、国際線用の41番スポットに中華航空120便が到着したのは午前10時32分。

同スポットで待機していた中華航空の整備士が、機体から燃料が垂れているのを見つけ、同社が整備を委託していた日本トランスオーシャン航空(JTA)の補助整備士に伝えた。

直後にJTAの整備士が右翼第2エンジンから煙が出ているのに気づき、インカムマイクと呼ばれる有線通信機材を機体に接続して猷建国機長に連絡。

併せてエンジンの停止と消火装置の作動、緊急脱出を要請した。

ただちに4カ所の脱出用シューターが出され、全員が90秒以内に機外へ出たという。

国交省通達で、シューターの作動から全員の脱出完了までを90秒以内で終わらせることが義務付けられている。

空港の管制官が煙に気づいたのは、整備士の連絡から約2分後の同34分。

最初の爆発の約1分前だった。管制官は機長に連絡を試みたが応答はなく、逆に機長から管制官への連絡もあったが、内容は聞き取れなかったという。

管制官の連絡後に避難を始めていたら、爆発前の脱出完了は無理だったとみられる。

2人の整備士は爆発のとき、第2エンジンに近づいて消火を試みており、爆風で吹き飛ばされ1人が右腕に軽傷を負った。

猷機長は同34分ごろ、コックピットの窓から機外へ。

乗客らの脱出が終わるまで機内にとどまっていたとみられる。


那覇空港は爆発2分後の同37分に閉鎖されたが、爆発が起きた同35分、現場から約400メートル離れた滑走路では、石垣島発那覇行きの日本トランスオーシャン航空(JTA)602便が着陸していた。

管制官はJTA機が既に最終着陸体勢に入っていたため、そのまま着陸を許可したという。

国交省航空保安対策室は「滑走路から炎上機が離れていたため、許可した判断に問題はない」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070821-00000069-san-soci
posted by ケンピース at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

<内閣改造>冬柴国交相、留任へ

<内閣改造>冬柴国交相、留任へ

もう公明党のいいなりだね。

毎日新聞です。

27日の内閣改造で、公明党の冬柴鉄三国土交通相が留任することが20日固まった。

公明党の太田昭宏代表らは冬柴氏の在任が1年に満たないことから続投を強く求めており、安倍晋三首相も受け入れた。

首相は参院選惨敗を受け、公明党との信頼関係を維持するため、同党の意向を受け入れる必要があると判断したとみられる。

冬柴氏は昨年9月の安倍内閣発足に伴い、国交相に就任した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070821-00000014-mai-pol
posted by ケンピース at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

今度は子供服、NZで中国製から大量の発がん物質

今度は子供服、NZで中国製から大量の発がん物質

今度は子供服か。

ペットフード、歯磨き粉、おもちゃ、卵ときて、子供服ねぇ。

なんでもありだね。

大人子供を問わず、服なんかほとんど中国製だよね。

読売新聞です。

ニュージーランドで販売されている中国製の子供服から、発がん性が確認されている化学物質ホルムアルデヒドが大量に検出されていたことが分かり、ニュージーランド政府は20日、緊急調査に乗り出した。

同国の民間テレビ局TV3の消費者番組に依頼された政府系機関の研究員が、一般の小売店で販売されている羊毛や木綿製の子供服から、安全とされる量の900倍に相当する濃度のホルムアルデヒドを検出した。

同テレビによると、この量のホルムアルデヒドは、がんのほか、皮膚炎や呼吸障害を引き起こす可能性がある。

同テレビは21日に番組を放送する予定で、それまでは商品名などは明らかにしないとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070820-00000213-yom-int
posted by ケンピース at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月19日

守屋、塩崎両氏を批判=自民・中川幹事長

守屋、塩崎両氏を批判=自民・中川幹事長

まあ、辞めていく人だけど、自民党の中でも意見が分かれているね。

シビリアンコントロールを事務次官は分かっていないんじゃ?

制服か事務服かは、別にして自衛隊なんだからね。

時事通信です。

自民党の中川秀直幹事長は19日のテレビ朝日の番組で、防衛省の守屋武昌事務次官の退任をめぐる混乱について、
「辞める次官の抵抗が最大の問題だ」と述べ、首相官邸を巻き込んで小池百合子防衛相の人事案に抵抗した守屋氏を批判した。

さらに、中川氏は「(守屋氏の抵抗を)いかにも官邸が許容していたようなところにも問題がある。安倍晋三首相というより幕僚たちだろう」と述べ、塩崎恭久官房長官の対応も暗に批判した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070819-00000046-jij-pol
posted by ケンピース at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月17日

小池大臣泣き落とし成功

小池大臣泣き落とし成功

日刊現代ですので、信憑性は?

防衛大臣に任命権があるんだから、塩崎官房長官はごり押しだね。

守屋事務次官は、4年も在任して後任も自分が決めようとしてるけど、

この人は防衛省の天皇って呼ばれているらしいね。

退官後も影響力を行使しようっていうことだろうから、防衛省を私物化してるって言われても仕方がないね。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070817-00000013-gen-ent

防衛省の事務次官交代をめぐる内紛の勝者が決まったようだ。

13日は、小池防衛相が官邸に乗り込み、塩崎官房長官とサシで1時間以上も火花を散らせた。

夕方には安倍首相との直談判に及び、安倍首相は最終的に、守屋武昌事務次官を退任させ、後任に警察庁出身の西川徹矢官房長を充てる小池案を容認したもようだ。

この問題は、小池防衛相が官邸側と十分な根回しをしないまま“新聞辞令”で交代を決めたことに、守屋氏が猛反発。

塩崎長官も「事前に相談がなく、手続きが非常識だ」などと激怒し、官邸を巻き込んだドタバタ劇に発展していた。

安倍首相の最終判断には、27日の内閣改造が念頭にあったとみられる。

小池大臣の留任は、数少ない目玉のひとつ。

辞任をほのめかしながら交代人事を押し切ろうとする小池大臣に「今、逃げられちゃったら、どうしよう」という意思が作用したのだろう。

結局、友達の塩崎長官より小池大臣が大事だった安倍首相だが、オンナ大臣優先は自民党内の防衛族議員の反発を招くのは必至で、内閣改造後に第2ラウンドが始まる。

posted by ケンピース at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月14日

<内閣改造>「二階官房長官」が浮上 谷垣氏も入閣強まる

<内閣改造>「二階官房長官」が浮上 谷垣氏も入閣強まる

二階さんもお友達なんだよね。

選挙で負けて、スパっと辞めてればともかく、もう再登板はないから、粘るだろうね。

でも、だんだん森さんが幅を利かせてきたね。

森さんは、こういうの大好きなんだよね。

毎日新聞から。

安倍晋三首相が27日に予定する内閣改造人事で、官房長官は、塩崎恭久氏に代えて、自民党の二階俊博国対委員長の起用が13日浮上した。

二階氏は野党側にパイプを持つことから、参院での与野党逆転に伴う国会運営に首相官邸がにらみをきかせるのに適任とみらる。

また、谷垣禎一前財務相に重要閣僚として入閣を求める公算が大きくなった。

福田康夫元官房長官については入閣は求めず、福田氏も固辞する構えだ。

二階氏は民主党の小沢一郎代表の側近だった時期もあり、テロ対策特措法延長が焦点となる秋の臨時国会で、小沢氏の手の内を知る数少ない存在。

参院選で自民党が惨敗した後、首相続投をいち早く支持したことも、首相は高く評価している模様。

また森喜朗元首相らが提唱する挙党体制に配慮し、首相は、昨年の総裁選を争った谷垣氏の入閣を求めるとみられる。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070814-00000012-mai-pol
posted by ケンピース at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月08日

自民幹事長、麻生氏起用で最終調整

自民幹事長、麻生氏起用で最終調整

読売新聞です。

安倍首相は7日、次の内閣改造・自民党役員人事で、麻生太郎外相(66)を幹事長に起用する方向で最終調整に入った。

自らの続投を支持する麻生氏を「ポスト安倍」の有力候補として厚遇すると同時に、次期衆院選をにらみ、人気のある麻生氏を「党の顔」としたい意向と見られる。

麻生氏は、外交政策などで首相と一致点が多く、首相の信任が厚い。

参院選投票日の7月29日夕にも、首相は麻生氏を首相公邸に呼び、「引き続いて重要な役割をお願いしたい」と次の人事でも重要ポストで処遇する意向を伝えていた。

7日も国会内でひそかに会談し、今後の政権運営について協議した。

参院選惨敗を受け、首相は「内閣改造などで人心を一新する」としているが、重要閣僚である麻生氏の幹事長起用には党内の理解を得たい考えだ。

ただ、麻生派は15人の小派閥であるため、「麻生氏では党をまとめることができない」という指摘が出る可能性もある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070808-00000301-yom-pol

取り込みですね。
posted by ケンピース at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

惨敗は日銀のせい…自民・中川幹事長が“恨み節”

惨敗は日銀のせい…自民・中川幹事長が“恨み節”

もう八つ当たりだね。

でも、日銀も自分の権益のことしか考えていないから、どっちもどっちだね。


読売新聞

参院選の自民党敗北は日本銀行のせい――。7日に開かれた政府の月例経済報告の関係閣僚会議で、自民党の中川幹事長が、日銀の福井俊彦総裁に詰め寄る一幕があった。

中川氏は「参院選では、地方で景気回復の実感がないとの声があった」と切り出し、「理由としては、名目成長率がなかなか上昇せず、(政府の成長率)目標が達成できていないことがある」と指摘。

その上で、昨年7月のゼロ金利解除など「日本銀行の政策変更に責任があるのではないか」と、福井総裁に矛先を向けた。

これに対し、福井氏は「物価安定の下で景気回復を持続させるという目標で金融政策を運営しており、それによって経済のパフォーマンスも成果が上がってきている」と、真っ向から反論。

さらに、業種や地域によって経済回復に濃淡があるのは、

 <1>国境を超えた競争が激しい

 <2>原油高などを企業が価格転嫁できない

――という「日本だけでなく先進国、新興諸国に共通」した事情によると強調した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070807-00000015-yom-bus_all
posted by ケンピース at 09:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月06日

安倍首相 臨時国会31日召集 自民幹事長に麻生氏浮上

安倍首相 臨時国会31日召集 自民幹事長に麻生氏浮上

安倍首相は麻生さんを取り込んで、連帯責任もしくは、何かあった時に責任を押し付けようと考えているのでは?

昔のお公家さんみたいだね。

安倍さんお坊ちゃま風ですが、腹の底は、黒かったりして・・・

毎日新聞です。

安倍晋三首相は5日、内閣改造と自民党役員人事を27日に行い、秋に予定する臨時国会の召集を当初予定の9月から、今月31日に前倒しする方針を固めた。

参院の与野党逆転を受け、秋の国会で最大の焦点となるテロ対策特別措置法改正案の成立に万全を期すためにも、早期召集が必要と判断した。

首相は今後、人事の調整を本格化するが、党幹事長には麻生太郎外相が浮上している。

首相は3、4日、自民党の中川秀直幹事長と会談し、今後の日程を協議した。

首相は3日、党内の早期改造論に配慮し内閣改造人事を今月末に行う意向を示していたが、臨時国会の月内召集のため、可能な限り早期の日程選定が必要と判断。19日から25日までのインドなどへの歴訪から帰国後、27日に改造を行うことにした。

天皇陛下が公務出張から帰京する同日午後以降、同日夕から夜に認証式を行い、改造内閣を発足させる。

引責辞任する中川氏の後継として次期衆院選を指揮する幹事長ポストには、首相の出身派閥である町村派からの起用には党内に慎重論が強く、麻生氏の起用が浮上している。

一方、海上自衛隊をインド洋に派遣する根拠法であるテロ対策特措法は11月1日に期限が切れる。

このため、政府・与党は期限延長のための法改正を秋の臨時国会の最優先案件と位置づけており、日程にも余裕を持たせるため、首相も月内召集の意向を固めた。

民主党の小沢一郎代表は延長に反対を表明しているが、党内には修正協議に応じる動きもある。

自民党は衆院段階での修正決着も視野に、与野党逆転下の参院での可決に向け、柔軟に対応を探るとみられる。

会期幅は12月上旬までの100日程度となる見通し。

ただ、早期召集には野党の反発が予想されるほか、改造人事の調整が難航した場合など、流動的な要素もある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070806-00000005-mai-pol


posted by ケンピース at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月05日

舛添氏が首相の続投批判、「自民党はショック死状態」とも

舛添氏が首相の続投批判、「自民党はショック死状態」とも

読売新聞から 

自民党の舛添要一参院政審会長は4日のテレビ番組で、参院選での惨敗にもかかわらず安倍首相が続投を決めたことについて、「常識で言えば、これだけ負けたのだから、出処進退のあり方はきちんとすべきだ」と述べ、批判した。

その上で、「新しいリーダーを選んで立て直すエネルギーも元気もないほど、(自民党が)ショック死状態だということだ」と指摘した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070804-00000411-yom-pol


まあ、そこまで言うなら、いつまでも死体と一緒に居ないで、自民党を出たらいいんじゃないのかなぁ。
posted by ケンピース at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月04日

NY外為で円高加速、一時1ドル=117円95銭

NY外為で円高加速、一時1ドル=117円95銭

読売新聞から

3日のニューヨーク外国為替市場は、米国の株価急落を受けて円買い・ドル売りが加速した。

円相場は一時、1ドル=117円95銭まで円高が進んだ。

同市場で、1ドル=117円台をつけたのは、4月中旬以来、3か月半ぶりだ。

午後5時(日本時間3日午前6時)、前日比1円15銭円高・ドル安の1ドル=118円01〜11銭で大方の取引を終えた。

米大手証券ベア・スターンズのサミュエル・マリネロ最高財務責任者(CFO)が3日の電話を通じたアナリスト説明会で、「市場の混乱ぶりは、1998年の大手ヘッジファンド破たん時よりひどい」と悲観的な見方を示したと伝わると、円買い・ドル売りの動きが強まった。

同社は、傘下ヘッジファンドが住宅ローン担保債券の取引で失敗し、業績悪化が懸念されていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070804-00000203-yom-bus_all

FXやってる人は、そろそろ買いどきかな?

ニュージーランドドルも89円台だからね。

これ以上円高にはならないような気がするけど。


posted by ケンピース at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

領収書添付 首相、「1円以上」賛意

領収書添付 首相、「1円以上」賛意

産経新聞から 

安倍晋三首相は3日夜、自民党改革実行本部が、すべての政治団体の事務所費の1円以上の全支出に領収書添付を義務付ける政治資金規正法の再改正を検討していることに関し、「私も基本的にはそういう考えだが、まず党において議論していかねばならない」と賛意を示した。

首相官邸で記者団の質問に答えた。

自民党改革実行本部では、3日のコンプライアンス(法令順守)小委員会で、1円以上の領収書の添付に反対意見が相次ぎ、結論を見送っていた。

首相は1円以上の添付に賛意を示したことについて「選挙の結果を重く受け止めたということだ」と述べており、「政治とカネ」の問題への取り組み姿勢をアピールする狙いがあるようだ。

民主党は1円以上の領収書添付を柱とする同法改正案を国会提出する方針。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070804-00000094-san-pol


国民は、所得申告をする時に1円から領収書をつけているんだから、国会議員だってするのが当然だよね。

帳簿だって、鉛筆なめながらなんていうのは、昔の話。今はエクセルを使えば、簡単に出来るよ。
posted by ケンピース at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

緑のオーナー制度 9割元本割れ、林野庁リスク説明せず

緑のオーナー制度 9割元本割れ、林野庁リスク説明せず

これって、「原野商法」だよね。

一般人が同じことやったら、完全に詐欺犯として逮捕だよ。

国家公務員の場合は、詐欺にならないの?

国産の材木の需要供給の予測していなかったのかな?

アホは詐欺にならないんだったら、そんな集団=林野庁は解体、廃止だね。


以下毎日新聞によると

国有林育成に出資し、伐採時の配当金を受け取る林野庁の「緑のオーナー制度」で、木材価格の下落により満期を迎えた契約者の9割以上が元本割れしていることが分かった。

元本(1口50万円)の3割程度しか受け取れない例もあり、今後30年間に満期を迎える7万6000件の出資者の大半も元本割れが予想される。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070803-00000048-mai-soci

posted by ケンピース at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月03日

ざわつく自民 農水相の更迭…安倍降ろしの動きも 「人心一新」先送りが誘発

ざわつく自民 農水相の更迭…安倍降ろしの動きも 「人心一新」先送りが誘発

やっぱり出てきたね。

当然といえば当然だけどね。

安倍さんの論理は、赤城さんと同じで矛盾しているよね。

責任の重さは痛感しているけど、今後の政治執行で信頼を回復していくとか、人心を一新するけど自分は辞めないとか。

責任を痛感しているなら、せめて、在任期間中は、給料を全額返納しますとか言えばいいのにね。

もうそんなに長くないんだから・・・


産経新聞から

参院選の自民党大敗北の一因となった赤城徳彦前農水相の更迭劇は、党内の混乱に拍車をかけている。

安倍晋三首相に早期退陣を迫る「安倍降ろし」の動きも浮上しており、「ポスト安倍」とされる福田康夫元官房長官や麻生太郎外相の周辺もざわついてきた。

内閣改造・党役員人事が9月1日前後に先延ばしされたことが遠因で、人心を一新しても果たしてそれでこの局面をしのげるかどうか、首相は極めて厳しい状況に置かれている。

「赤城氏、辞表提出」の一報は、参院選後初の党役員連絡会が終わった直後に飛び込んだ。

「エエッ!」と驚きの声が上がったが、「赤城氏のせいで参院自民は5議席は減らした」(中堅)との思いが圧倒的だけに同情の声はほぼ皆無だった。

茂木敏充筆頭副幹事長は「辞任は当然だ。もっと早く辞任すべきだったとの声もある」と憤りの表情。

中川秀直幹事長も「政治資金に関する経緯を国民に納得してもらえなかったことが、参院選の敗因の一つだ」と突き放した。

落選の憂き目にあった片山虎之助参院幹事長は「辞任がベストのタイミングなのか疑問が残る」。

笹川堯元科学技術担当相は「落選した人の顔が目に浮かぶと…」と眼鏡を外し、目頭をぬぐってみせた。

不満は、対応が後手に回った首相にも向いた。

舛添要一参院政審会長は「安倍内閣の危機管理能力のなさに驚く。百害あって一利なし。今ごろ辞任しても何の意味もない」と罵倒(ばとう)。

公明党幹部も「あ〜そうなの。何を今さらって感じだ」とあきれたという表情を浮かべた。

閣僚4人目の交代とあって、首相の求心力は急速に低下している。

7月30日夜、反主流派の谷垣派が会合を開き「首相が続投するなら、批判に対してきっちりしたメッセージが必要だ」(谷垣禎一元財務相)と圧力を強める方針で一致。

31日夜には、山崎拓元副総裁、加藤紘一、古賀誠の両元幹事長の「新YKK」と津島雄二元厚相が「ポスト安倍」について協議したとされる。

一方、「ポスト安倍」として麻生、福田両氏の名前がとりざたされはじめた

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070802-00000933-san-pol


posted by ケンピース at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2007年08月02日

<年金運用>3兆7千億円黒字…06年度 厚労省法人が公表

<年金運用>3兆7千億円黒字…06年度 厚労省法人が公表

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070731-00000140-mai-pol
 
厚生労働省所管の「年金積立金管理運用独立行政法人」は31日、公的年金資金の06年度の運用結果を公表した。外国株式の運用収益などに支えられ、3兆9355億円の運用益を確保。政府の財政融資資金に対する借入利息1747億円を除いた06年度の収益は、3兆7608億円だった。

単年度黒字は4年連続で、累積黒字は10兆2697億円と初めて10兆円台に達した。

同法人は、06年度当初の資産102兆8707億円を運用し、うち市場で3兆6404億円の収益(収益率4.75%)を上げた。7割の2兆6806億円は外国株・債券の運用益によるもので、円安(対ユーロ)が大きく影響した。市場には新規に9兆1250億円を投入した。

市場運用益に財投債の収益3042億円、年金特別会計からの寄託金13兆6312億円を加えた増収分は17兆5000億円余。ここから同会計への納付金1兆9611億円や財政融資資金からの借入金返還分3兆9218億円などを差し引いた06年度末の運用資産額は、114兆5278億円となる。

なお、国内株式の運用収益は889億円だったが、有価証券報告書への虚偽記載などが発覚したライブドアの株式を保有していたため、48億円余の損失を出したという。

参考記事 年金運用3兆7千億円黒字…06年度 厚労省法人が公表
http://kantandekiru.livedoor.biz/archives/50699878.html
posted by ケンピース at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

<赤城農相更迭>無念さにじませ…最後まで領収書公開せず

<赤城農相更迭>無念さにじませ…最後まで領収書公開せず

毎日新聞から

事務所費など「政治とカネ」を巡る数々の問題に答えないまま1日事実上更迭された赤城徳彦前農相。

会見では、領収書を張ったスクラップブックを見せながら、中身については「公開しない」と中途半端なパフォーマンスを展開、身の潔白どころか、逆に疑惑を深めた。

一方、参院選の惨敗後のこの時期に赤城氏に辞表を書かせた安倍晋三首相の危機管理能力に、専門家は疑問を投げかける。

午後2時、農水省で会見が始まった。

冒頭、赤城氏は「参院選で与党敗北の一因となったことは事実。昨晩(31日)1人で考え、けじめをつけ辞任することを決めました」と一気に話した。

話しぶりに無念さがにじむ。

その後、持参してきた後援会の領収書が張り付けられた3冊のスクラップブックを掲げ、「3年間の領収書があります」と、ページをめくって見せた。

さらに、ピンク色の3冊のファイルを持って「整理して、日々集計した台帳がこれです」と説明。「これらの資料をもとに収支報告書を作成し、報告・公開している」とアピールした。

記者が「民意は領収書を出してほしいということではないのか」などとただすと、「領収書は後援会の名簿そのもの。公開すれば誰が支持しているかもわかってしまう」などと応じ、領収書を公開する考えのないことを強調した。

説明不足を批判されたことに対して、「ばんそうこう」問題も含めたうえで、「報道を通じて国民に理解してもらうには、どういう説明がいいのか。未熟さ、いたらなさを国民のみなさまにおわびしたい」。


◇「こんな時期に辞めさせても…」

事務所費問題や失言で、佐田玄一郎行革担当相(06年12月27日辞任)、松岡利勝農相(5月28日自殺)、久間章生防衛相(7月3日辞任)=肩書はいずれも当時=が安倍内閣を去った。

そして、赤城前農相の更迭を専門家はどう受け止めたか。

「こんな時期に辞めさせても何の効果もない」と指摘するのは、リクルート事件の時に同社で広報担当を務めた経験のある危機管理コンサルタント、田中辰巳さん。

「大きな処分は早くしないと意味がない。逆に『なぜ今まで辞めなかったのか』と反発を招くだけ」と分析する。

田中さんはさらに「安倍内閣は危機管理で失敗し続けてきた」とも指摘。

危機管理には、

(1)感知=問題に気づく
(2)解析=問題の軽重、その後の展開を分析する
(3)解毒=謝罪や処分、再発防止
(4)再生

の4段階が必要としたうえで、安倍内閣は「感知すらできていないのではないかと思わせる」という。

田中さんが、具体例として挙げるのが年金問題への対応だ。

「早く分かっていたのに手を打たなかった。今後も対応を誤り続ければ、自民党そのものが大変な危機を迎えると思う」と断じる。

久間氏を除き、政治とカネの問題が閣僚辞任の引き金になっていることから、安倍内閣の危機管理能力に疑問を呈する専門家もいる。

指名する閣僚が身ぎれいかどうかの事前チェックの有無だ。

55年体制が崩壊し非自民政権となった細川護煕内閣の下で首相秘書官を務めた成田憲彦・駿河台大学学長(日本政治論)は「厳密な調査はなかった。安倍内閣でも、うわさのあった松岡さん(元農相)がパスしたぐらいだから、そこまでしていないのでは」と語る。

一方、橋本龍太郎内閣で首相秘書官だった江田憲司衆院議員(無所属)は「官邸が首相の指示を受けて当然やる。仮に関連の政治団体が100あっても調べるはず。松岡氏の後任なのに、同じ問題を抱えた人を任命するとは信じ難い。官邸の機能不全としか言いようがない」と厳しく批判する。

政治資金に詳しい岩井奉信・日大法学部教授(政治学)は「次は衆院選を見据えた組閣になる。今度、同じ政治とカネの問題が出たら致命傷。

事前チェックは絶対やらなければならない」と話した。

また、事実上の更迭という今回の対応について、成田さんは「赤城氏の状況は選挙前も後も変わっておらず、ちぐはぐだ。リーダーとして非常に未熟」と指摘。

江田さんも「追い込まれてあたふたとやるから、国民が信頼しない。やめさせるだけでなく、詳細を公開させないと、本質が解決されないままで終わってしまう」と警鐘を鳴らす。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070801-00000123-mai-pol

赤城さんは、自分は誰のために何のために政治家として働いているのか、という認識が決定的に欠けているね。
それと、毎日新聞の記事にあった、成田さんのコメントは、問題の本質だね。


posted by ケンピース at 07:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

領収書、全支出に添付…自民党が事務所費で法改正原案

領収書、全支出に添付…自民党が事務所費で法改正原案

読売新聞から

政治家の事務所費や光熱水費などの経常経費(人件費除く)について、透明性を高めるため、自民党が検討している政治資金規正法改正案の原案が1日、明らかになった。

1円以上のすべての支出に領収書添付を義務づけることと、適用対象をこれまでの資金管理団体だけでなく、政治家本人、親族や秘書が代表を務める政治団体など「政治家と関係の深い政治団体」に広げることが柱だ。

秋の臨時国会に、公明党と共に提出する。

安倍内閣の発足後、赤城徳彦農相(1日に辞任)ら閣僚の事務所費問題が相次いで発覚したことを受け、政治資金の扱いを厳格化する必要があると判断した。

自民党は、同法を適用する「政治家と関係の深い政治団体」の定義について、
 〈1〉政治家本人、親族、秘書が代表を務める団体
 〈2〉政治家の後援団体
 〈3〉これら政治団体と同一場所に住所を持つ政治団体
 〈4〉その他政治家と関係が深いと思われる団体
と定義する方向で検討している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070802-00000001-yom-pol

5月の段階で、こういう法律にしとけば、ぼろ負けしなくて済んだのにねぇ。



posted by ケンピース at 07:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月01日

<赤城農相更迭>参院選惨敗で首相決断 若林環境相が兼務

<赤城農相更迭>参院選惨敗で首相決断 若林環境相が兼務

毎日新聞より

赤城徳彦農相(衆院茨城1区)は1日、首相官邸に安倍晋三首相をたずね、政治団体の事務所費をめぐる問題が参院選惨敗に影響した責任を取り辞表を提出、首相もこれを受理した。

事務所費など不自然な支出を指摘され続けながら、領収書の公表を拒み続けた赤城氏だが、参院選での自民惨敗の要因となり与党からも辞任論が出ており、首相も事実上の更迭を判断した。

安倍政権下での閣僚交代は、自殺した松岡利勝前農相も含め、4人目。赤城氏を擁護し続けて参院選を戦った首相にとって後手を踏んだ形の辞任は打撃であり、体制立て直しを迫られる中で大きな失点となった。

赤城氏は首相官邸で記者団に辞任の理由について「(自分のことが)選挙戦に影響を与え、与党の敗北の一因となったことはまぎれもない事実で、大変申し訳なく思う」と語った。

塩崎恭久官房長官は同日午前の記者会見で「安倍首相が赤城農相を首相官邸に呼んだということだ」と述べ、首相が事実上、農相を更迭したことを明らかにした。

関係者によると、農相の新たな疑惑が一部で報じられたことを重視したという。

首相は31日、9月に行う内閣改造人事では農相を留任させない意向を明言していた。

農相はやはり「政治とカネ」をめぐる問題で批判を浴びて5月28日に自殺した松岡前農相の後任として、6月1日に就任したばかり。

安倍内閣は昨年9月の発足から約10カ月で閣僚の辞任は3人目、交代は4人目の極めて異例な事態となる。当面、若林正俊環境相が兼務する見通しだ。

赤城氏を巡っては、「赤城徳彦後援会」が、茨城県筑西市の父親の自宅を団体の所在地として届け、05年までの10年間に、事務所費を含め約9045万円に上る経常経費を計上していたことが参院選の公示直前に発覚。

また、東京・世田谷の妻の実家に事務所を置く政治団体「徳政会」(解散)も、衆院議員に初当選以降17年間、毎年100万円以上の経常経費を計上していた。

後援会について代表者になっている前茨城県議は当初「今は(事務所として)使っていない。

私が代表として名前を使われていることは一切知らなかった」とし、また父親の毅彦氏も「(ここで政治活動は)やっていない」とそれぞれ事務所に実体がなかったと毎日新聞の取材に認めていた。

しかし、その後両者は前言を翻し、赤城氏自身も、釈明会見などで「公私混同や経費の付け替え、架空経費は一切ない」と潔白を主張。

しかし、それを証明する領収書の公表については「政治資金規正法のルールに基づいて、適正に処理し、公表すべきものは公表している」と語り、法律を盾に拒んできた。

首相もこうした説明を受け、赤城氏の辞任は不要との立場を維持し続けてきた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070801-00000038-mai-pol


いよいよお粗末になってきたね。

安倍さんが、官邸に赤城さんを呼んで、辞めさせたんだね。

10日遅かったね。

かばうなら、徹底すればいいのに。

posted by ケンピース at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。