2007年11月06日

民主が新テロ法対案

民主が新テロ法対案、給油活動再開に柔軟姿勢

やっと議論が始まるのはいいことですが、これまでなんだったんでしょうか?
自民党大敗の原因は、年金問題と政治資金ですね。
テロのことはほとんど問題になっていなかったはずですから、その辺は柔軟対応でいいんですよね。

読売新聞です。

民主党は6日、インド洋での海上自衛隊の給油活動を再開する新テロ対策特別措置法案への対案となる「アフガニスタンでの人道復興支援活動と国際テロリズム根絶に関する特別措置法案」(仮称)の骨子案をまとめた。

インド洋で各国が行う海上阻止活動を直接承認する新たな国連決議が採択された場合は、日本がその活動に参加することを検討するとして、給油活動の再開に柔軟姿勢を示したことが特徴だ。

また、自衛隊をアフガン本土に人道復興支援やインフラ(社会資本)整備などに限って派遣することを打ち出している。

「戦闘活動は行わない」として、アフガンで展開する国際治安支援部隊(ISAF)に自衛隊は参加せず、ISAFへの後方支援活動を行わないことも明記した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071106-00000005-yom-pol
posted by ケンピース at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64924276

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。