2007年10月27日

値上げ続出なのに消費者物価指数は下落

<消費者物価>値上げ続出なのに指数は下落…なぜ?

物価指数のカウント方法に問題があるんですね。
デジタルテレビなんか、5〜6年に一回しか買いませんが、このテレビ価格の下落が物価指数の下落に貢献しているんだそうです。
でもこんなのを、指数に組み込むことの方が問題ですよね。
生活必需品をもっと指数に組み込まないといけませんよ。購入頻度を考慮しなくちゃ。
マヨネーズなんか月に1個は購入しますよね。
政府発表っていうのは庶民感覚から乖離していますよね。

毎日新聞

消費者物価の下落が続いている。
総務省が26日発表した9月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く総合)は前年同月比0.1%の下落で、8カ月連続で水面下に沈んだまま。
食品や生活用品など身近な商品の値上げが相次いでいるのに同指数の下落が続いているのは、指数に占める値上がり品目のウエートが小さいうえデジタル家電の大幅な値下がりなどが影響しているためで、生活実感と政府の経済指標の間にズレが生じている。
消費者物価指数の調査対象は584品目で、身近な商品の値上がりも指数に反映されている。
食品の場合、9月の値上がり率は前年同月比でマヨネーズが11.7%、ポテトチップス6.3%、スイートコーン缶詰4.6%、輸入チーズ3.6%などと値上がりが目立った。
ただ同指数全体に占めるウエートはマヨネーズが0.1%、スイートコーン缶詰0.02%、輸入チーズ0.06%。
消費者にとって物価上昇を実感しやすいが、指数全体への影響はごく小さいわけだ。
ガソリン価格も高水準で推移しているが昨年の夏場も高かったため、前年同月と比べると8月の上昇率はわずか0.9%。
9月は逆に0.2%の下落となり、指数の上では下落に寄与した。
激しい販売競争を背景にしたデジタル家電の値下がりの影響も大きい。
9月は前年同月比で薄型テレビが18.9%、ノートパソコンが27.8%値下がりした。
食品に比べ消費者の購入頻度が低く値下がりを実感しにくい。
また、新旧モデルで価格が変わらなくても性能が向上すれば物価下落とカウントする調整を行っているため、消費者はなおさら値下がりを感じにくい事情もある。
ただタクシー運賃など商品・サービスの値上がりのすそ野は広がっている。
昨年は秋以降に値下がりした原油も今年は上昇を続けており、民間調査機関の多くは全国消費者物価指数が10〜11月にも上昇に転じると見込んでいる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071026-00000081-mai-bus_all
posted by ケンピース at 08:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。