2007年10月08日

福田首相、英語は棒読み

福田首相、英語は棒読み?国際フォーラムでスピーチ

自信があるならともかく、日本国内でのフォーラムで英語でしゃべる必要がどこにあるんだい。

堂々と日本語でスピーチすべきだよね。

産経新聞です。

英語は苦手?福田康夫首相は7日、京都市で開かれた「科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム」に出席し、英語でスピーチした。

首相は、「地球環境にやさしい21世紀型の新しい生産・消費システムを開発し、持続可能社会へと転換していかねばならない」と強調した。

首相は石油会社に勤務していた会社員時代に2年間、米国での駐在経験がある。

このため、首相の英語力に出席者らの注目が集まったが、スピーチ中は原稿に視線を落としたままの“棒読み”状態。

約6分間のスピーチで何度か途中で詰まったが、日本の貢献策を懸命に訴えていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071008-00000909-san-pol
posted by ケンピース at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。