2007年08月26日

中華機炎上、整備ミス濃厚

中華機炎上、整備ミス濃厚…ボルト脱落防ぐ座金付け忘れか

本当にちょっとしたミスが大事故につながるんだよね。

今日は飛行機ネタだね。

読売新聞です。

那覇空港で中華航空機(ボーイング737―800型機)が爆発炎上した事故で、脱落して燃料タンクを突き破っていた右主翼前端の可動翼(スラット)内部のボルトは、中華航空が今年7月の定期点検で脱着作業を行い、完了検査も受けていたことが25日、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会の調べでわかった。


ボルトは、脱落を防ぐ留め具の「ワッシャー(座金)」などが外れた状態で見つかっており、部品が誤って取り付けられ、整備後のチェックもすり抜けていた可能性が高い。

事故調では、中華航空の整備ミスが原因とみて調査を進める。


事故調は25日、現場での検証を終了。

この日は事故調が当初、燃料漏れの原因とみていた右主翼下のパイロン内部の燃料管に不具合は見つからず、燃料漏れは脱落ボルトが燃料タンクを突き破ったためと断定した。

穴の空いた部分(厚さ2ミリ)は、長さ41ミリ、幅23ミリだった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070826-00000101-yom-soci
posted by ケンピース at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。