2007年09月12日

<厚労相>残業代ゼロ法案を

<厚労相>残業代ゼロ法案を「家庭だんらん法案」に

舛添要一、期待した自分がバカだった。

学者あがりの、政治家もどきだということを、白日の下にさらしたね。

残業代出なければ、家に帰れる?

バカも休み休み言えっていうんだよ。

残業代出ようが、出まいが残業しなくちゃいけないんだよ。

役人は、タラタラ残業すればいいけれど、俺たちは、必死にノルマこなしているんだから。

自民党も終わりだね。


毎日新聞です。

舛添要一厚生労働相は11日、同省が法案化を見送った、一部事務職の残業代をなくす「ホワイトカラー・エグゼンプション」について、「家庭だんらん法案と書け、と(事務方に)言った」と述べ、同制度導入に向けた検討を続ける考えを示した。

同相は「残業代が出なかったら早く帰宅する動機付けになる」と強調し、「横文字を使うからマスコミに残業代ゼロ法案と書かれ、一発で終わり。

『パパ早く帰ろう法案』とか『バカな課長の下で仕事するのはやめよう法案』という名なら通る」などと語った。

ネーミングの変更で国民に与えるイメージも変えてしまおう、との論法だが、野党側はさっそく反発している。

舛添氏の発言について子育て問題に詳しい民主党の蓮舫参院議員は「カタカナ言葉を使う安倍首相が不評だからこんな言葉にしたのだろう。舛添さんは永田町言葉を使わないので斬新で親近感はわくが、斬新さに見合う行動をとっているのか。名前と内容が本当に見合う法案を考えるべきだ」と述べ、批判した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070911-00000139-mai-pol
posted by ケンピース at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月10日

年金記録照合裏付なし

<舛添厚労相>年金記録照合「3月完了」の裏付なし

開き直りだね。安倍さんの政権公約だよ。

毎日新聞です。

舛添要一厚生労働相は9日、民放の討論番組に出演し、宙に浮く年金記録約5000万件について、

政府が来年3月までに完了させることを公約している照合・通知作業について、
「(政府内に)『3月までにできる』と言った人はいない」と述べ、
政府の公約には具体的裏付けがないことを明らかにした。

そのうえで舛添氏は「できるとかできないではなく、やらなくてはいけない。政治決断で決めた」と語った。

また、照合作業の途中経過を月に1回程度、定期的に公表する考えも示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070910-00000025-mai-pol&kz=pol
posted by ケンピース at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。