2007年09月30日

生保不払い、全社で600億円超

生保不払い、全社で600億円超…さらに増える可能性も

生命保険会社もそうですが、損害保険会社の不払い問題も調査が進められていますよね。

この8月から9月にかけては、色々な生保・損保会社から確認依頼の手紙が来ましたよね。

住宅火災保険、地震保険、自動車保険とありとあらゆる所から、確認依頼が来ましたね。

まあ、これまで、いかにいい加減だったかということなんでしょうね。

もっとも、入る方、つまり加入者も知識が無さ過ぎましたよね。

生命保険は、住宅の次に生涯支出額が大きい買い物なんですが、その割りに、よく考えもしないで加入する人がいかに多いかには驚かされます。


読売新聞です。

生命保険各社の不払い問題で、国内で営業する全38社の不払い総額が600億円を大幅に超える見通しとなった。

4月の中間報告で業界全体で約359億円の不払いが判明したが、その後の調査で、日本生命保険など大手4社だけで不払い額が200億円以上も増加した。

各社は9月末をめどに調査を終え、10月5日以降、順次結果を公表する予定だが、集計作業を続けている生保もあり、中堅・中小生保を中心に不払い額がさらに増える可能性もある。

中間報告では、大手4社の不払い額は日本生命保険75億円、第一生命保険22億円、住友生命保険40億円、明治安田生命保険25億円で、そのほかの34社で200億円弱の不払いが判明していた。

その後の調査で、大手4社の不払い額は400億円を超える見通しだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070930-00000001-yom-bus_all
posted by ケンピース at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月23日

独自通貨「円天」の健康商品会社、会員5万人への配当停止

独自通貨「円天」の健康商品会社、会員5万人への配当停止

円天というのは、エル・アンド・ジーという健康商品会社が独自に発行していた通貨です。

会員になって、100万円を預けると、年利36%で運用するか、「毎年」100万「円天」が貰えるんだそうです。

100万「円天」でお買い物ができて、しかも満期になったら解約できる・・・

使い切っても次の年になったら、また100万「円天」が貰える。

まさにマルチ商法そのものですね。

でも、なんでこんなのに騙される人がいるんでしょうね。

こんなこと言ったら怒られるかもしれませんが、騙された人も同情はできませんね。

今年の5月に日テレ系で放送された「真相報道 バンキシャ!」で、

この円天を追求していましたね。

その時の放送内容の一部がYouTubeにアップされていました。

http://www.youtube.com/watch?v=848BZ1DvSdk
http://www.youtube.com/watch?v=VW94mp55BTY

読売新聞です。

高額の配当や、「円天」と呼ばれる独自通貨をもらえるとうたって、全国の会員から多額の「協力金」を集めていた東京都新宿区の健康関連商品販売会社「エル・アンド・ジー」が今年2月以降、配当の支払いを中止し、各地の消費生活センターに苦情が相次いでいることがわかった。

今月20日には、同社が社員の大半を解雇したことも判明。

同社の会員は約5万人、集めた資金は約1000億円に上るとみられ、返金を求めて訴訟を起こした会員の代理人弁護士は「不特定多数から資金を預かることを禁じた出資法違反の疑いが強い」と指摘している。

健康補助食品などの製造・販売を目的に1987年に設立された同社は、2004年ごろから全国各地のホテルで演歌歌手やタレントを招いた説明会を開催。

「1口100万円の協力金を預けて会員になれば3か月ごとに9万円の配当を支払う」

「1年後の満期には元本を返金する」などとうたって、会員の勧誘を始めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070923-00000001-yom-soci
posted by ケンピース at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月20日

社保庁、10年で処分者6000人超

社保庁、10年で処分者6000人超…うち懲戒1321人

社会保険庁の話題が出ない日はないね。

どこまで腐っているのか?

元々、キャリア 社保庁タタキ、県採用の三層構造の組織だから、県採用は転勤らしい転勤もないし、出世しなくても給料は上がるし、組合が強いから仕事をしないし、身内意識が強いから庇い合うし・・・

本当に廃止して、しっかりした組織を立ち上げてもらいたいよ。

読売新聞

社会保険庁は19日、過去10年間(1997年〜2006年)で「免職」などの懲戒処分を受けた同庁職員(非常勤含む)が1321人に上ることを明らかにした。

懲戒には至らない「厳重注意」と「訓告」処分も加えると計6000人を超える職員が何らかの処分を受けていた。

社保庁職員は、約2万9000人(正規職員約1万7000人、非正規職員約1万2000人)。

特に05年は年金記録の「のぞき見」などで3400人超が処分されており、ほぼ8人に1人が処分を受けた計算になる。

処分状況は、社保庁が同日、政府の有識者会議「年金業務・組織再生会議」(座長・本田勝彦日本たばこ産業相談役)に提出した資料で明らかになった。

政府は2010年設立の日本年金機構で、社保庁職員を採用する際の基準に「過去の処分歴」も加える方針だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070920-00000001-yom-soc
posted by ケンピース at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月19日

日銀利上げ見送り

利上げ見送り、日銀0.5%据え置きへ 米の利下げ受け

日銀が政策金利の利上げを見送ったね。

当然ですよ。

世界中が、金融不安を抑えようと必死なのに、日本だけ利上げをしたら、袋叩きにあってしまうよ。

元々日銀の利上げの思惑は、民間金融機関に対する影響力を強めるためだから、利上げ利上げと言っているんだよね。

毎日新聞です。

日銀は19日午前、政策委員会・金融政策決定会合を再開し、2日目の議論に入った。

委員には「米国の住宅ローン問題が市場や国内外の経済に与える影響を見極めるべきだ」との意見が強いうえ、米連邦準備制度理事会(FRB)が18日、大幅利下げに踏み切ったことから、日銀も利上げを見送り、政策金利を0.5%に据え置く見通しだ。

日銀は米住宅ローン問題が表面化した前回8月の決定会合で、市場の混乱などを理由に利上げを見送り、9月以後の早期の利上げを探る姿勢を示していた。

しかし、その後も市場の混乱は収束せず、欧州中央銀行(ECB)は今月6日、当初の利上げ方針を撤回し、政策金利を据え置いた。

さらに、英国で中堅銀行が預金の流出など資金繰り不安に見舞われ、信用不安が広がっている環境を踏まえ、日本も欧米の中央銀行と足並みをそろえ、当面は超低金利政策を継続する方向だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070919-00000037-mai-bus_all
posted by ケンピース at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月12日

安倍首相、辞意を表明

安倍首相、辞意を表明

国民が不幸です。こんな総理大臣を戴いて。

何を考えているんですかね?考えていないですね。

職を賭してじゃなくて、職を投げたんですね。

国会議員も辞職して欲しいですね。

産経新聞です。

安倍晋三首相は12日午後、自民党の幹部に辞意を表明していたことが分かった。

安倍首相は首相官邸で大島理森国対委員長に対し、「首相を辞めるので、代表質問はできない」と述べた。

大島国対委員長は民主党の山岡賢次国対委員長に首相の辞意について説明した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070912-00000911-san-pol
posted by ケンピース at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。