2007年07月31日

<安倍人事>「お友達重用」続けるか、改めるかが焦点

<安倍人事>「お友達重用」続けるか、改めるかが焦点

毎日新聞から

自民党は30日の役員会で安倍晋三首相(総裁)の続投を了承し、9月に予定する内閣改造や党役員人事に焦点が移った。

首相は「人心一新、適材適所」を掲げるが、塩崎恭久官房長官は同日午後の記者会見で、首相に近い議員を登用してきた人事手法を「基本的には変える必要はない」と明言。

党内には失言の相次いだ閣僚人事だけでなく、「お友だち人事」「仲良し偏重」への批判も強く、首相補佐官体制の見直しも含めて安倍人事のあり方が問われる。

参院選は、自民党が惨敗した中で「安倍側近」と言われた候補たちが軒並み当選した。

6勝23敗と惨敗した1人区のうち、和歌山の世耕弘成首相補佐官(広報担当)、群馬の山本一太、山口の林芳正両氏らが典型的だ。

東京選挙区で当選した丸川珠代氏も、安倍首相が人選した候補。逆に同選挙区では、3選が有力視された伊吹派の保坂三蔵氏が落選した。

比例代表でも、やはり首相補佐官(拉致問題担当)の中山恭子氏、教育再生会議の担当室長に抜てきされた義家弘介氏などが、公示直前の出馬にもかかわらず当選した。

一方、青木幹雄参院議員会長をトップに長らく参院自民党の中枢を占め、首相と距離を置いてきた参院津島派は、1人区に出馬した前職9人が全敗し、逆風をまともに受けた。

こうした戦績も「安倍路線は否定されていない。基本的な政策は理解をいただいた」という首相の強気の根拠になっているとみられる。

党内は、内閣改造に向けて安倍人事がどう変わるのかに関心が集まっているが、「側近重用」の手法が変わらなければ、不満が噴出するのは必至だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070730-00000147-mai-pol


なかよし7人組だね。


mudai.jpg

posted by ケンピース at 09:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

参院選挙改革、議員の6割「必要」…読売アンケート

参院選挙改革、議員の6割「必要」…読売アンケート

読売新聞によると、29日の参院選の当選者と非改選の参院議員への読売新聞社のアンケート調査で、回答者の6割が参院の選挙制度を変えるべきだと考えていることが分かった。

選挙区選と比例選の2票制という衆院と似通った選挙制度について、半数以上が改革の必要性を感じていた。

調査は、7月12日の参院選公示前に実施し、回答を得られた民主、自民、公明、共産、社民、国民新、新党日本と無所属の当選者106人、非改選議員34人の計140人(参院議員定数の58%)の答えを集計した。

参院のあり方について考えの近い項目を複数回答で聞いたところ、一番多かったのは「衆参で似通ってきた選挙制度を変える」で、64%が賛意を示した。

これに続き、「参院に新たに条約の承認などに関する優越性を与える」が49%、「参院は党議拘束は行わない」が45%の順となり、参院の改革の必要性を強く認識していることがうかがえた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070730-00000115-yom-pol


確かに、衆議院と参議院で同じ選出方法だからね。

でも、突き詰めて考えていくと、そもそも参議院て必要なの?っていう話もでてくるよね。
posted by ケンピース at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月30日

<参院選>民主、首相退陣要求へ 衆院早期解散へ揺さぶり

<参院選>民主、首相退陣要求へ 衆院早期解散へ揺さぶり

参院選で惨敗した安倍晋三首相が続投を表明したことについて、民主党の菅直人代表代行は「国民の信を問うた結果なので、国民の判断にきちんと対応すべきだ」と批判を強めて、退陣を要求していくことを明らかにした。

民主党は今後、第1党となった参院での国会運営を軸に政権に揺さぶりをかけて早期の衆院解散・総選挙に追い込むことを狙っている。

他の野党も安倍内閣の退陣要求で足並みをそろえ、政権を追い込む構えでいる。

共産党の志位和夫委員長は「結果を重く受け止め、当然退陣すべきだ」、社民党の福島瑞穂党首も「首相は本来は退陣すべき事態だ」とそれぞれ強調している。

菅代行は30日のテレビ番組で「参院の議席を活用して、最終的には衆院の解散・総選挙を求める」と述べた。

民主党は参院選で最大の争点となった年金問題などで、与党が過半数割れした参院で民主党案を通過させ、衆院で多数を占める与党に突きつけて揺さぶりをかける戦略だ。

党幹部は「続投なら解散を求める大義名分がいくらでもできる」と語る。

次期臨時国会で民主党は第1会派から議長を選出する参院の慣行に従って、議長ポストを要求する方針で、江田五月・前参院議員会長や輿石東参院議員会長の名が挙がっている。

29日の記者会見をキャンセルした民主党の小沢一郎代表は、関係者によると30日午前も自宅で静養しているといい、報道陣の前には姿を見せなかった。

毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070730-00000051-mai-pol

確かに、安倍さんは、「私を選ぶか小沢さんを選ぶか?」って言ってたからね。

それで負けたんだからね。

でも、民主としては、安倍さんに首相でいてもらいたいだろうね。


芸能ニュースは、
ケンピースの芸能情報
   ↓
http://ken-peace.seesaa.net/




posted by ケンピース at 14:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

来月後半にも内閣改造、自・公連立は維持へ

来月後半にも内閣改造、自・公連立は維持へ

読売新聞によると、参院選での与党惨敗の結果を受けて、安倍首相(自民党総裁)と公明党の太田代表は30日午後、会談して、首相の続投と自公連立政権の維持を確認するようだね。

首相は、人心を一新し、態勢を立て直すため、早ければ8月後半にも、内閣改造と自民党役員人事を行う方針だそうだ。

自民党内の各派閥は、人事面での厚遇などを求める構えで、首相との間で綱引きが予想される。

首相は30日午前の自民党役員会で、「民意を真摯(しんし)に受け止めて、国民の声を受け止めなければならない。今後とも責任を果たしていきたい」と述べた。

中川幹事長は「首相との決意を党一丸となって、支えていこう」と提案し、了承された。

首相は同日午後、自民党本部で、党総裁として記者会見し、今後の政権運営の方針などを表明する予定だって。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070730-00000003-yom-pol


8月後半と言わず、明日にでも内閣改造いたほうがいいと思うよ。

赤城農水大臣の顔なんか見たくもないよね。

芸能ニュースは、
ケンピースの芸能情報
   ↓
http://ken-peace.seesaa.net/


posted by ケンピース at 13:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月27日

赤城農相後援会、「発送費」を二重計上…同じ領収書を添付

赤城農相後援会、「発送費」を二重計上…同じ領収書を添付

読売新聞によると、赤城農相が代表を務める「自民党茨城県第1選挙区支部」と、赤城氏の実家が主な事務所となっている「赤城徳彦後援会」が、2003年分の各政治資金収支報告書に、同じ領収書の写しを添付し、「発送費」を二重計上していたことが分かった。

赤城事務所が26日、明らかにした。

同事務所では「後援会の収支報告書の記載は事務的ミス」と認め、同日、茨城県選挙管理委員会で訂正の手続きをとった。

支部の収支報告書では、「案内状発送費」として03年9月11日に13万435円と6万5650円の支出があり、支出先として水戸中央郵便局と水戸駅前郵便局を記載した。

一方、後援会の収支報告書にも、「荷造発送費」として同じ日付で13万435円と6万5650円の記載があり、いずれも水戸市役所前郵便局が支出先となっていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070727-00000301-yom-soci


安倍内閣は完全に「死に体」だね。

赤城大臣は、法律に則って、適正に処理しているって、言ったんだから、適正に処理していなっかったのが判明して、訂正の手続きをしたんだから、責任は大きいわな。

辞職しないと、いけないよね。

バンソウコウではぐらかしていたが、とうとう化けの皮が剥がれたね。

参議院選挙投票日の2日前だから、これが安倍内閣にとどめを刺すことになるんじゃないかな。これで、5議席は減るね。

安倍さんは、たった20万円ですよって開き直るんだよね。

芸能ニュースは、
ケンピースの芸能情報
   ↓
http://ken-peace.seesaa.net/

posted by ケンピース at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。